TIMAN輸入販売 草刈機がラジコンになるメリット

草刈機がラジコンになるメリットとは

斜面での作業者の危険を軽減します

  •  斜面での草刈は、滑落、転覆、転倒時の回転刃への接触の危険が伴います。斜面では立っているだけでも足を踏ん張り疲れてしまいますので暑さが伴う夏季はより熱中症の危険が高まります。RC1000は機械最大傾斜角50°(実作業は40°程度目安)

蜂、蛇、マダニなどの作業者の危険を軽減します

  •  草むらの中に作業者がいきなり突っ込まずにラジコンの草刈機が切り開いた道を歩くことで、草むらの中に潜む蜂の巣などを事前に見つけやすくなります。

振動、騒音の負担を軽減します

  •  業務用の草刈機は長時間使用するためエンジン式です。振動や排ガス、騒音などの発生源のそばで作業を行わざるを得ません。長年に渡って当該作業を続けていると将来的に身体の不調につながる懸念があります。

 

 

人手不足解消のためには「軽作業員の稼ぐ化」

大型機械で効率化は効果大・・・でも

  •  効率化を図る際に「作業環境が許す最大の機械で作業を行う」ことは基本です。しかし、大型の機械になればなるほど、取り扱いは慎重に熟練工がやらざるを得ません。

大型機械は熟練工がラジコン作業は軽作業員が

  •  人手不足の中、作業の効率化を図る際には、「軽作業員に主作業をしてもらうこと」が重要です。例えば、パートのおじさん。女性といった大きな機械を担当させるのは心配だな・・・という方ラジコン作業を任せてしまう。これが重要です。

機械に必要以上の恐怖を感じさせないサイズ感

  •  弊社は2種類のラジコン草刈機(リモコン草刈機)がありました。軽作業員にとっては1.5m幅のものは大きくて怖いと感じていたようです。1m幅のものであれば、これなら扱えそうと感じるそうです。

 

 

女性でも操作できます 動画作成:バンブー苑