KöPPL社 CRAWLER

ドイツ製ラジコンハンマーナイフ
KöPPL(コープル)社 CRAWLER(クローラ)

 株式会社バンブー苑は、ドイツKöPPL社の日本輸入元です。整備ができる販売店様へ卸売りを行います。尚、KöPPL社は、全製品、受注後組立のメーカーです。納期は必ずご確認ください。 傾斜性能45度以上可能(カタログ値50度)ちょっと一工夫(荷台に小さなスロープを置く)で1.5tトラックで運搬できます。
 また、この製品は農業向けではなく、造園、インフラ維持管理向けの製品です。また、林業関係でも最低地上高210mm。フォレストマルチャーといったアタッチメントは管理道路の維持管理などで有用です。


刈る。だけじゃない。 集めるまでの作業を。

 CRAWLERは、刈るだけではなく、刈った草を集める作業までも行うことができます。農業の方は刈りっぱなしで良くても、河川、公園、道路、鉄道、空港などインフラ関係では集草、運搬、処分まで行う必要があります。ラジコンの草刈機は多種多様になりましたが、集草まで行うことができる製品は数少ないのが現状です。

 
 


搭乗式ほどは馬力がありませんが・・・

 CRAWLERは、ガソリンエンジンです。作業効率を考えると搭乗式のディーゼルのエンジンの草刈機には敵いません。しかし、飛び石の少なさ、飛散距離、飛散の低さは圧勝します。ハンマーナイフ式(縦回転のY字フレールモア)ですので飛散は前方のみです。ロータリー式(横回転刃)は、全方向に飛散します。


本体にインフォメーションディスプレー

 CRAWLERは、本体、送信機両方にインフォメーションディスプレーを備えています。本体ディスプレーでは、電圧や異常個所なども表示されます。

 
 
 

送信機にもインフォメーションディスプレー

 送信機からはエンジンON/OFF、エンジン回転数、クラッチ/デクラッチ、ツールON/OFF、ツール上げ/下げ、最高走行速度制限、左右クローラの回転数調整など操作ができます。燃料計やオイル警告なども表示されます。本体ディスプレーでは、「クラッチを切ってから操作してください」などの警告も表示されます。
 尚、CRAWLERのエンジン停止は緊急ボタンではなくレバー操作です。

 
 
 

KöPPL社はハンドガイド式のトラクターの会社です

 CRAWLERは、他のラジコン草刈機と若干設計思想が異なります。2輪式のハンドガイドトラクターを製造してきた1896年創業の歴史ある会社です。ハンドルを無くして、タイヤをクローラに替えて、ラジコンにしたのがCRAWLERだと理解していただければ操作方法も理解しやすいです。よって、製品の耐久性などのテストも相当な年数の積み重ねがあり製品の精度、信頼度は抜群です。
 CRAWLERは、エンジンをONにしても走行、ツールの起動はできません。クラッチをONにして、初めて走行やツールの起動ができます。この操作方法は慣れるまで少し時間がかかりますが、「何かあればマシンが、クラッチを切ってその場でエンジンがかかったまま停止している」という設計は非常に安心感があります。



CRAWLERは多目的作業機

 CRAWLERができることは草刈だけでありません。現在、14のアタッチメントが用意されています。刈るアタッチメントが6種。集草のアタッチメントが3種。除雪のアタッチメントが2種。その他3種。
 私たちは、その中から7種を選び日本市場へ販売します。


紹介動画(今後、更新していきます)


製品詳細

  •  メーカー:KöPPL社(コープル)ドイツのメーカー
  •  製品名:CRAWLER  エンジン:ガソリン23馬力
  •  本体+ハンマーナイフアタッチメント
  •  重量:799kg  LWH:200cm 160.4cm 102cm
  •  刈刃:ハンマーナイフ  刈幅:140cm
  •  刈高:5mm-6cm
  •  ベースユニット【本体】
  •  重量:585kg  LWH:113cm 140cm 102cm
  •  傾斜:55°   時速:6km/h 
  •  ラジコン:range300m 429MHz
  •  ラジコンプロテクション:IP65(耐塵・水噴流)